【Ticwatch E2/S2】wear os搭載で完全防水! 高耐久性【人気シリーズ】

ガジェット

スマートウォッチの人気シリーズTicWatchE2/S2がついに日本で正式発表・販売が開始されました

国外ではすでに1月から販売されていましたが日本では

・Mobvoi公式サイト
Amazon
・ヤマダ電機(4月より販売開始)
・ビックカメラ(4月より販売開始)

で購入ができます

進化して戻ってきたTicWatchE2/S2の実力はいかに?!

スペック

  TicWatch E2 TicWatch S2
サイズ 46.6 x 51.8 x 12.9 mm 46.9 x 52.2 x 12.9 mm
ディスプレイサイズ 1.39" AMOLED (400 x 400 px) 1.39" AMOLED (400 x 400 px)
カラー 黒・白
重さ 34.7g 35.7g
OS Wear OS by Google Wear OS by Google
SoC Snapdragon Wear 2100 Snapdragon Wear 2100
RAM 512MB 512MB
ROM 4GB 4GB
バッテリー 415mAh 415mAh
AI Google Assistant™ Google Assistant™
Mobvoi TicMotion
通信方式 Bluetooth4.1 
WiFi 802.11 b/g/n
Bluetooth4.1
WiFi 802.11 b/g/n
GPS GPS + GLONASS + Beidou GPS + GLONASS + Beidou
センサー 加速度センサー
ジャイロスコープ/心拍センサー
低遅延オフボディセンサー
加速度センサー
ジャイロスコープ/心拍センサー
低遅延オフボディセンサー
防水 5 ATM (水泳用、最大50メートル) 5 ATM (水泳用、最大50メートル) 
高耐久性   MIL-STD-810G

Snapdragon Wear 2100搭載

TicWatchE/SのSoCはMTK MT2601でしたが今回はSnapdragon Wear 2100に変更

MTK MT2601よりは高スペックになったものの先日Snapdragon Wear 3100が発表されていて3100搭載か?と期待していただけに少し残念です

 

バッテリー容量増量

バッテリー容量は30%UPの415mAhに増量されました

これにより今までよりも長時間の使用が可能に

 

防水機能を強化

中華製スマートウォッチは大体がIP67もしくはIP68が主流でした

TicWatchE/SもIP67で完全防塵の一定水圧一定時間なら耐えられ水中に落としたとしても大丈夫程度でした。

今回TicWatchE2/S2共に5ATMになったことで最大50メートルまでの水深にも耐えれるようになり水中での連続使用も可能に。

水泳中のトラッキングや水仕事の型でも安心して使用ができます

 

MIL-STD-810G対応 衝撃に強い

TicWatchS2だけにはなりますがなんとMIL-STD-810G対応!

MIL-STD-810Gとは
米国防衛装備品のための温度、湿度、高度、振動、衝撃、耐水
などの過酷な環境条件に即した実験室による試験規格

腕に装着しようとして落としたりしても今まで以上に耐えれます

新AI TicMotion搭載

『OK!Google』のGoogle Assistantだけではなく今回フィットネスに特化したアルゴリズムである【TicMotion】を搭載しました

従来のスマートウォッチではアプリを起動しスタートボタン等の操作を行ってからアクティビティログを記録していましたが今回のTicMotionではAIが自動的に検知し記録を行います

それだけではなくユーザーの動きの違いからスイミングのフォームやアクティビティの種類を自動的に区別します

フィットネスに特化していますがフィットネスだけではなく睡眠ログも自動的に記録しますので24時間シームレスにログを記録してくれる高性能AIです

今までのスマートウォッチでは操作が必要だったので途中でログを取るのがめんどうになって続かなかった方にはうれしい機能です。

 

AMAZON商品リンク

 
TicWatch E2

 



 ticwatch S2

コメント

  1. 匿名 より:

    TicMotionはもう既に搭載されているんてすか?日本でも使えますか?

  2. パナメーラ より:

    LINE返信可能ですか?

タイトルとURLをコピーしました